Genius Party Beyond
PR
New entries
Recommend
Profile
Archives
Links
Search
Admin

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • Category : - |
    • スポンサードリンク |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |

    男ホルモン

    0

      男ホルモの分泌はいつ迄も盛んであるわけではなく、無残ながら50歳前後になってくると普遍的には顕著な低下がみられてきますよ。これに伴って性欲が衰えてきたりとか、精力や勃起力が減退するのをはじめ、充分な勃起を得られぬままに発射してしまう遺精や早漏になってしまうことがありますよ。この現象は、速いと30代に入った頃からその動向が出始め、40代ではそうとうの人にすでに自覚症状があるふうですね。

      歳を重ねてきてこんな体験をすると、そいつを契機に勇気を喪失したり心細い状況を抱くことになり、さらに性機能が低下してしまうと言う悪循環に陥ってしまうことがありますよ。そいつ迄、インサート後の持続力にもあるくらいの勇気があり精力的にも旺盛であった人ほど、早漏となってしまったことに対し、受けた衝撃はでかいものですね。

      年齢的なことですので、あるくらいは手口がないことなのですけど、必須以上に気にしないこと、くよくよしないことですね。そいつよりも、男ホルモンを増強するサプリメントを摂取する等のイロイロな手段で早漏を超克しようと言う前向きなきもちが肝心なのですね。又、こうした加齢による男ホルモンの低下だけではなく、ここ最近ではオフィスでのメンタル的なフラストレーションや挫折による喪失感からくる血中の男ホルモン低下で、早漏となってしまうこともしばしばあるふうですね。

       

      早漏はゼッタイ的に改善することが出来ますよ

      0

        多くの男諸兄を悩ませてくれる早漏ですけど、ちょっとした熱意と実行力があれば早漏はゼッタイ的に超克することが出来ますよ。かつては早漏で随分と迷い、ウジウジしていたこの私が言うのですからまちがい有りません。

        ただ何も実行することなしに「早漏を解消するにはどうしたらいいのかなあ、何とかならないかなあ」、等とかんがえているだけではいつ迄たってもゼッタイにその現本当は変わりません。早漏の境遇や要因が何となくでも分かったら、後は実行あるのみですね。速やかにご自体に合った手段を見つけて早漏を超克して行きましょう。

        早漏の克服には、多彩なグッズやサプリメント・薬剤等を兼用する手段、自己の肉体を訓練する手段、クリニック等で仮性包茎や亀脳増大手術をする手段等がありますが、ここじゃクリニックでのことは取り上げません。

        前にも述べましたが、クリニック等では仮性包茎手術をしたり亀脳にコラーゲンを注入する文言かりを宣伝しているふうですよ。けど、真性包茎でない限りは皮を被っていたり剥けていたりとか、ペニスが大きかったり小さかったりするのは個人差としてあたりまえのことですよ。そ日頃そいつぞれの個性なのですよ。

        そうした個性を踏まえたうえで、ここじゃ個々の境遇に応じてムダなく実行出来ることを取り上げていきますよ。ちょっと偉そうに言ってしまいますが、早漏のふうな事でいつ迄も迷っていることこそ男の沽券にかかわることだと想いますよ。だので、こうしてここ迄読んでくださった迷いを抱える諸兄には、なんとしてでも早漏を超克していただきたいのですよ。

        もう今迄以上には無為な期間を繰り返していただきたく有りません。貴男様の早漏の迷いが解決していくことを、早漏を超克できたセンパイとして心から応援していますよ。

        平均時間

        0

          そいつでも、やっぱり平均的な持続期間と言うのは気になるものですね。公式な調査数値では有りませんが、近年、ある日本の医療機関がまとめた日本人男の平均的な数値と言うのがありますよ。あく迄、そのときに調査標的となった成人男の平均数値であって、これをもって日本人男の平均数値だとは断言出来るものでは有りませんが、一応の目安くらいには充分なると想いますよ。

          まとめ上げられた数値によると、日本人男がインサートから発射迄のセックスにかける期間は、けれどもおおいのが7~9分、その次におおいのが1~3分、ついで5~7分と続き、その次はなんと1分以下が続いていますよ。この4つの様式内に大多数の人が納まっていますよ。この調査データを見る限りじゃあ、9分以上持続する人はほんの一部しかいません。要は、大多数の日本人男は、0~9分の間がその持続期間だと言うことですね。

          データ過多な巷の噂に振り回されて、持続期間が30分とか1期間以上と言う人もゴロゴロしているのではないかと想っていた貴方、安心して下さいね。そんな豪傑はほんの僅か、みんな大して変わらないのですよ。ただね、この数字を見ても分かるように、普段1分以内に発射してしまうふうなケースには、早漏の動向がそうとう高いとかんがえていいでしょうし、3分以下の人と合わせると、めっぽうな割合の日本人男の子が早めに発射してしまっているのだと言うことが分かりますよ。どうです、少しは気が休まりましたか。